スケジュール

4月28日土曜日、4月29日日曜日の2日間、堺市役所の北側 “Minaさかい(堺市市民交流広場)” をメイン会場に、ホテル・アゴーラ リージェンシー堺、堺東駅前のお店でプロとアマチュアのブルースミュージシャンが演奏いたします。
各バンドの演奏日と時間は下記バンド演奏スケジュールをご覧ください。

2018 堺ブルースフェスティバル バンド演奏スケジュール

4/28 sat. Minaさかい(堺市市民交流広場)

10:30 開催ご挨拶
10:40 ゴスペルパーティー
 2000年4月に㈶堺市文化振興財団主催の「市民とともに創る文化」をテーマとしたイベント公募事業「100万円で創る自由空間」で企画された「堺市民クワイア」(一般公募でゴスペルを歌うイベント)で集まったメンバーが、今回限りで終わるのは残念だという思いから、有志が集まり結成したグループです♬
以来、堺市内の保育所や子育て広場・老人ホーム・介護施設等に出向いてのボランティア活動に参加。また、21コンサート・堺市民ボランティア祭・戦争と平和展・区民祭り・堺音楽祭・矯正展・みどりのつどいなど、堺市を中心に様々なイベントに参加・出演させていただきいています。今年で結成18周年を迎える私たちは、楽しく歌うことをモットーに、いつも笑顔の絶えない楽しい練習続けています。
私たちの歌でたくさんの方が幸せな気持ちになっていただけるように心を込めて歌います。
11:15 South or North Blues Project
堺市内のライブバー、サウスオアノースのブルースセッションで集まったメンバーによるブルースバンド。ツインボーカルで独自の表現を目指しています。
12:00 インスタントグルーヴ
神戸から来ました。今回で4回目の出場になりますが、毎回少しずつメンバーが違います。毎回、この堺ブルースフェスティバルのために結成し研鑽を重ねて今日の良き日を迎えることができました。「きっちりやりましょ、最後まで。」
12:40 The Johhny Handers Show
基本はブルースバンドですがR&Bもやります。ブルース通には喜ばれる選曲が売りです。半田の歌う曲は、日本ではほぼ、誰もやったことのない曲ばかりです。
13:20 ガールズ&ジェンダーズ シカゴロッカーズ
ジェンダーフリーの現代、男も女もありません。ブルースの絆はただひとつブラックな魂です。
14:00 Nacomi & The Blues Temple
アメリカBlues-E-Newsで女性アーティストの人気投票で7位を獲得したシンガー&ギタリストのNacomiを中心に、日本・アジア・アメリカで活動しているブルースバンド。LittleWalter へのトリビュートアルバムは、アメリカ・ヨーロッパ等のラジオ番組で何度もオンエアされている。
15:00 Espanada’s(エスパナダズ)
スパイダーてつ(Gt.Vo.)、金田洋一(Ba.)、吉岡優三(Drs.)
日本では数少ないウェストコーストブルースを捉えたバンド。プロバンドです。
16:00 紗貴 Special Band
 17歳の時、桑名正博氏に見染められ、氏のサポートボ-カリストとしてプロデビュー。 桑名正博&Flower Power、小島良喜、ムッシュかまやつ&ティグリガンズ(正規メンバーとして2015堺ブルースフェスティバルにゲスト出演)、高山厳、ばんばひろふみ等、数多くのトップアーティストと共演、圧倒的歌唱力にブルースフィールがブレンドされた彼女の唄に、アジアン特有のソウルテイストを感じる。正しくライブが命!堺出身の実力派シンガー。今回、傍を固める錚々たるメンバーも素晴らしい。
17:00 BLUES PARADISE SPECIAL BAND
 永井 ホトケ隆(ながい ほとけたかし)(Vo. Gt.)
森 俊樹(もり としき)(Gt.)
松本 照夫(まつもと てるお)(Dr.)
大西 真 (おおにし まこと)(Ba.)

4/29 sun. Minaさかい(堺市市民交流広場)

10:45 堺市立月州中学校吹奏楽部
11:40 ナマズ DX
ゆがんだハーモニカとだみ声が、ゆるんだボトルネックに絡みつく。泥水をのたうち回るシャッフルに乗って、ブルースをお届けします。
12:20 斜陽族
大学時代に冴えない4人が集まってモテたいと一念発起して始めたこのバンド。20年の中断を経て一昨年の堺ブルースフェスティバルにて再始動。それ以来割と熱心に活動しているが経年劣化もたたり結成当初の目的からは遠ざかるばかり。そんな気持ちをブルースに乗せて唄い叫び奏でます。
13:00 the Mud Stompers
50年代のシカゴブルースを中心に演奏し「本物をめざし続ける」ブルースバンドです。神戸新開地のカフェサンで定期的にライブをしています。
13:40 スモールタウン
名前のとおり、小さな街でやっていそうなバンドです。白人のブルースをイギリスからアメリカのシカゴを経由して日本にやってきたバンドだとある人が言った。
14:20 シカゴロッカーズ
大阪南森町のブルース屋シカゴロックの選抜メンバーです。シカゴロッカーズは決してロックではありません。
15:00 Mayumi Blues Band
名古屋と関西で活動しているMayumi Blues Bandです。今年4回目です。
初めてココで演奏させてもらってからご縁をいただき関西でも活動させてもらっています。毎年堺に来るのを楽しみにしています。
15:40 House of JAZZ Band
地元堺市 のジャズバー、ハウスオブジャズのセッションメンバーを中心に結成しています。紗貴(Vo.),KAZUYOSHI SAKAI(Vo.),TOSHIHARU NAGAO(Hca.Vo.),ISAMU FUJIMOTO(Sax),RYOUICHI TOKUDA(Gt.),GEORGE MIYAGUCHI(Key),TETSUYA KOUNO(Ba,),MAKOTO ONISHI(Ba.),TERUO MATSUMOTO(Drs.)
16:20 Shun Kikuta & Blues Company
Shun Kikuta & Blues Companyは、青森で行われた”Japan Blues Festival 2015”で生まれた。メインアクトのジミー・バーンズとキャサリン・デイビスのサポートバンドとして集まったのが結成のきっかけだった。20年以上のシカゴ在住を経てアジアでの活動にも力を入れているブルースギタリスト菊田俊介を中心に、モンタ&ブラザーズや大橋純子らメジャー・アーチストとの活動で長年シーンをリードしてきたドラムのマーティ・ブレイシー、シカゴでのライブやレコーディングを経て日本でも注目を集めるピアニストのLee、ニューヨークでの活動経験があり自己のミュージックスクールも運営するベーシストの片野篤。同フェスティバルに出演後、この4人の息が合いバンドにしようと声が上がる。マーティが菊田を“社長“と呼び、それに答える形で菊田がマーティを”平社員“と呼んだことから、Blues Companyとバンド名が決まる。

結成以来、個々に忙しいスジュールの合間を縫って、定期ライブを行い、前出のジミー・バーンズとキャサリン・デイビス以外にも、チャーリー・ラヴ、ネリー“タイガー”トラヴィス、マイク・ウィーラー、ローリー、Konishiki、金尾よしろうなどバラエティに飛んだアーチストとのコラボも行っている。2018年にはニューアルバムの発売も予定している。

17:00 吾妻光良トリオ+1
 吾妻 光良(あづま みつよし)(Gt. Vo.)
牧  裕 (まき ゆたか)(W.Ba.)
岡地 曙裕(おかち あきひろ)(Dr.)
早崎 詩生(はやさき しお)(Pf.)
初めてお邪魔いたします、堺ブルース・フェス。ブルース・フェスということで、前日の梅田アズールでのジャズ風味とはまた違った取り組みをしてみようか、とも思う今日この頃です。

4/28 sat. ホテル・アゴーラ リージェンシー堺

11:20 GHQ
メジャーなジャズスタンダードナンバーとシカゴブルースをおもに演奏しています。上は67歳から下は20歳と年齢層の幅が広いバンドですが、音楽で繋がりあっています。
12:00 BLUE SOUL
和歌山県新宮市を拠点に活動しているブルーズバンドです。vo.gtの橋本真勇が全国各地のブルースセッションで腕を磨き、唯一無二のブルーズギターとボーカルで魅了します。バンドメンバーもブルーズ好きが集まり幅広い年齢で構成されています。
ブルーズの嵐を巻き起こすBLUE SOULをお聴き下さい!!
12:40 Barrel
今年バンド結成40周年をむかえました。オリジナルメンバーはもういませんが、現在のメンバーでも長く活動しています。福井県や、関西の日本海側でライブをしています。一昨年の堺ブルースフェスティバルに出演させていただきものすごく気持ちよかった!
13:20 ザ・デリケートゾーンズ
ミシシッピ・デルタ音楽をリスペクトしつつ、楽しく踊れるバンドとして新しく発足しました。幅広い年齢層に向けて、軽快なブルースを届けます。
14:00 BLOSSOM
 BLOSSOM(ブロッサム)は神戸・大阪・堺・京都・奈良を中心にライブバー等で演奏をしています。バンドメンバー構成は、ボーカル[金沢 薫]、キーボード[南野由美子]、ドラム[荒田典子]、ハーモニカ[岡本利雄]、ギター[高木登]、ベース[竹内靖直]の6名編成。
ブルース、スタンダードジャズ等、観客の皆様に馴染みのある曲をお届けしますのでお楽しみください。
14:40 BAD OYAZYS
シカゴブルースが好きで演奏しています。楽しくやることをモットーとし、その雰囲気が会場につたわればうれしいです。よろしくお願いします。
15:20 T2 BLUES BAND
Shinya KidGarcons(Vo.Gt.) IZNT Blues Session Leader, Toshiyuki Tarui(Gt.) Studio KIKI Session Leader, George Miyaguchi (Key) GYPSY BLOOD, Larry Ransome(Dr.), Tetsuya Kohno(Ba.) House of JAZZ Blues Session Leader
16:00 TAKU & ブギーロケッツ
ブルースギタリストTAKUが震災後の神戸で、瓦礫の中をオリックスブルーウェイブの私設応援楽団の方が演奏しているのを見て感銘を受け、長年構想していたバンド形態がカタチになりました。
T-Bone Walker、Gatemouth Brown などのジャンプブルースや BB King、Otis Rush などの モダンブルースを主に、リスナーに楽しんで貰えるような演奏を心がけています。

4/29 sun. ホテル・アゴーラ リージェンシー堺

11:30 ゴスペルパーティー
12:00 Pretty Blue Eyes
1982年に神戸は甲南大学の軽音楽部で結成し、全くうだつの上がらぬままに今年で36年目を迎えます。3大KingからBuddy Guy、Blues Brothersの出演ミュージシャンの楽曲をレパートリーに、エンターテイメント・ショーを繰り広げられる事をめざして頑張っております。オモロイライブがやりたいと思っています。
12:40 CMDK
50-70年代の隠れたソウルの名曲達を演奏するバンドです。2014年からバンドを立ち上げ、何度かのメンバーチェンジはありながらもフロントのヒヨゾー・ソウルをメインに腰に来るグルーヴを客席に与えながら、バンド活動をしています。
13:20 THE POWER STONES
浪花のブルールロックバンド。堺、大阪、和歌山のライブハウスやイベントライブに積極的に出演中。ブルースをベースとしたロックからオリジナルまで幅広く、関西ブルースをベースのサウンドで演じております。堺では三国ヶ丘FUZZをメインとして堺ブルールフェス、MIKROCKなどイベントライブにも多数出演。
14:00 BBF Blues Band
2017年出演させていただきました!ハイエナジーなBluesやります!!賑やかに楽しいLIVEをモットーに頑張ってます!
14:40 Blues Train
2018年は活動拠点をアジアに拡大して、まずは香港、台北のハードロックカフェでのライヴを目標にしています。
15:20 The Johhny Handers Show
基本はブルースバンドですがR&Bもやります。ブルース通には喜ばれる選曲が売りです。半田の歌う曲は、日本ではほぼ、誰もやったことのない曲ばかりです。
16:00 タブ & ライトニン
昨年の2曲しか演奏できなかった雪辱を果たしたいです笑
16:40 Angel KON with the soul wrecking crew
東京を中心に活躍中の4人組人気ガールズブルースバンド、「Angel KONY」からVo.の神近まり、ギターの小野アイカ、ベースの長野紋子が、大阪を拠点に活動する岡部King & the soul wrecking crew とがっぷり四つにくんでお届けします。
17:20 Espanada’s(エスパナダズ)
スパイダーてつ(Gt.Vo.)、金田洋一(Ba.)、吉岡優三(Drs.)
日本では数少ないウェストコーストブルースを捉えたバンド。プロバンドです。
18:15 Shun Kikuta & Blues Company
Shun Kikuta & Blues Companyは、青森で行われた”Japan Blues Festival 2015”で生まれた。メインアクトのジミー・バーンズとキャサリン・デイビスのサポートバンドとして集まったのが結成のきっかけだった。20年以上のシカゴ在住を経てアジアでの活動にも力を入れているブルースギタリスト菊田俊介を中心に、モンタ&ブラザーズや大橋純子らメジャー・アーチストとの活動で長年シーンをリードしてきたドラムのマーティ・ブレイシー、シカゴでのライブやレコーディングを経て日本でも注目を集めるピアニストのLee、ニューヨークでの活動経験があり自己のミュージックスクールも運営するベーシストの片野篤。同フェスティバルに出演後、この4人の息が合いバンドにしようと声が上がる。マーティが菊田を“社長“と呼び、それに答える形で菊田がマーティを”平社員“と呼んだことから、Blues Companyとバンド名が決まる。

結成以来、個々に忙しいスジュールの合間を縫って、定期ライブを行い、前出のジミー・バーンズとキャサリン・デイビス以外にも、チャーリー・ラヴ、ネリー“タイガー”トラヴィス、マイク・ウィーラー、ローリー、Konishiki、金尾よしろうなどバラエティに飛んだアーチストとのコラボも行っている。2018年にはニューアルバムの発売も予定している。

4/28 sat. BAR F&M

12:00 レイドバック ブルースバンド
大阪北摂方面中心にぼちぼち活動してます。
13:00 hooch
都内中心に活動してますが、日本全国、台湾までツアー活動してます。関西では塚本ハウリンバー、京都VOXなど出演してます。
バンドの形態は基本2ピースでアコギとドラムとあまりないスタイルでやってます。もともと、ブルースが大好きで大阪は特に日本でもブルースに熱い場所だと感じてます。まだ関西方面のつながりが少ないため、ネームバリューはないですが間違いなく盛り上げることは出来ます。
14:00 セスラバーズ
日本語のブルーズを中心に演奏するロッキンブルーズバンド。今年こそ唸らせたいです。
15:00 縦山ホットブラザーズ
大学軽音仲間の3人によるトリオ編成。普段はそれぞれのバンドで活動中も予てより演りたかったスティービー・レイ・ヴォーンのコピーバンド「縦山ホットブラザーズ」を3ケ月前に結成。先日の軽音同窓会での初披露がすこぶる好評を博し活動継続を決意。結成してまだ間がないながらも、熱く力のこもった大阪風レイヴォーンブルースで堺の街に一層の活気をもたらします。
16:00 西成ストリート ブルーズバンド
西成産まれ池渕賢一率いる 西成ストリートブルーズバンドです。こってりと西成魂を込めて歌います。と言っても 他のメンバーは西成産まれではありませんが。
17:00 Johnny Brown Brothers Band
古いブルース・ロックナンバーのカバーを演奏する、オトナのブルースロックバンドです。大戸拓巳のボーカルを中心に、ギター2本のコンビネーションで多彩なサウンドをお届けします。大阪を中心にライブ活動を行っています。

4/29 sun. BAR F&M

12:00 ロバの八百屋のR&B
堺市で八百屋を営むメンバーを中心に結成致しました。トリッキーな中にも演奏はシリアスに・・・会場一体となって盛り上げます!
12:40 ストーリーヴィルムーン
名古屋市で活動中のブルースバンド。曲はブルース進行のものと、オールドジャズのコード進行を用いたものが基本です。オリジナルは日本語ブルース、カバーでは日本語訳した歌詞で演奏しています。日本語でブルースを歌うことで、老若男女に親しんで頂きたいと思っております。
13:20 みやがわひろゆき & BraT’s
大学の軽音楽部のOBがふとしたきっかけで集まり、5年前から滋賀県を中心に活動している週末バンドマンです。ボーカルのみやがわひろゆきが全ての楽曲を作成しており、1960~1970年のロックやブルースをルーツとし作曲。現在は月に1回程度、ライブハウスやCafeで演奏しており、ライブハウスでのエレクトリックだけでなく、アコースティックギター・ベース・アコーディオン・カホンを使ったアコースティックユニット等、会場の規模に合わせて演奏しています。
14:00 RADIO DAZE
結成、30年を迎え、年数だけではどこにも負けません(^_^)。
“Traditional & Contemporary Black Music. Jazz, Jive And Funk….. But It’s Nothing But The Blues”をモットーに、自分達の好きな曲をBlues Soulを持って、自分達らしくアレンジ、演奏しています。
14:40 The band 105
結成して三年目の社会人バンドです。楽しい時間をその場にいる方々と共有できるよう演奏することができれば幸いです。
15:20 激突モモンガ Part Ⅱ
1974年千里お祭り広場で開催された、ヤマハ主催「第2回8・8ロック・デイ」コンテストで「激突モモンガPartⅡ」と言う即席バンドをこのコンテストの為に結成、なぜか入賞。おまけに、ベース担当の木村克也はベストベーシスト賞までもらってしまいました。最近元メンバーが集まり1年に1~2回ライブをするようになりました。昔(20代)の頃のパワーは少し衰えましたが、ちょっぴり渋くなったライブステージをお見せできればと思います。

4/28 sat. トラットリア エビス

12:00 Johnny Brown Brothers Band
古いブルース・ロックナンバーのカバーを演奏する、オトナのブルースロックバンドです。大戸拓巳のボーカルを中心に、ギター2本のコンビネーションで多彩なサウンドをお届けします。大阪を中心にライブ活動を行っています。
13:00 BAD OYAZYS
シカゴブルースが好きで演奏しています。楽しくやることをモットーとし、その雰囲気が会場につたわればうれしいです。
14:00 SPARERIB
全員60代です。35年ほど一緒にやってます。昔レッドハウスに出させていただいたことがあります。ストーミ鳥山さんのバンドの対バンも天王寺でしたことがあります。ここ数年は四国の高松で年1回数バンド共演でライブをやっています。奈良吉野の土地柄.田舎っぽいストレートなブギーブルースバンドです。
15:00 Matsuo Blues Band
3年半前に神戸のモズライトのジャムセッションで出会った、松王・風・ムケシの3人で結成したオリジナル・マツオー・ブルース・バンドに、2年前に泉大津のオーバーヒート早乙女で出会ったキーボードの磯口が加わった4人組です。アピールポイントとしては、国際的なバンドということが言えると思います。インド、アメリカ、日本の3カ国からなります。
16:00 セスラバーズ
日本語のブルーズを中心に演奏するロッキンブルーズバンド。今年こそ唸らせたいです。
17:00 インスタントグルーヴ
神戸から来ました。今回で4回目の出場になりますが、毎回少しずつメンバーが違います。毎回、この堺ブルースフェスティバルのために結成し研鑽を重ねて今日の良き日を迎えることができました。「きっちりやりましょ、最後まで。」

4/29 sun. トラットリア エビス

12:00 36回ブルースデュオ
エレキギターとベースのデュオでブルースを中心に演奏します。
13:00 タブ & ライトニン
昨年の2曲しか演奏できなかった雪辱を果たしたいです笑
14:00 サザン・トレイン
 1982年のバンド結成から35年あまり、マンドリンやドブロギターというブルースでは珍しい楽器を使ったストリング・バンドのスタイルで、トラッドなブルースからR&Bそして時にはロック・チューンまで…をコンセプトにマイペースで活動を続けています。
15:00 Bad News Rooster
大阪市旭区の小中学校の同級生3人組によるブルースバンドです。
ご来場の皆様と一緒に楽しみたいと願っています!
16:00 how blue
JAZZの香りとSWING感のあるTEXAS SHUFFL SWING BLUES BAND。COOLでSTYLISHな演奏をLIVEの度に精進しています。めざすは粋でおしゃれなアーバン・ブルースの“美”若者にも古さを感じさせないSWING感のある50’s~60’sのBLUES名曲をやります。今年はSAXも参加し さらにアダルトに。。。
17:00 ナマズ DX
ゆがんだハーモニカとだみ声が、ゆるんだボトルネックに絡みつく。泥水をのたうち回るシャッフルに乗って、ブルースをお届けします。

4/28 sat. バール ピッコロ ドゥエ

12:00 ストラトタロー
お世話になっております、またよろしければ司会等 担当させていただきます。
13:00 Dano Forte
東京、神奈川にてサーフショップを経営しております。私の取引先(アメリカ人のサーフボードを作る人)にブルース(スワンプと呼ばれる一人演奏のスタイル)をプロとして活動しているものがおります。彼の作るサーフボードは大変人気があるのですが、ぜひ地元堺ということで参加させていただければと願っております。
14:00 ジョニー 山本
アコースティック・ギターでのデルタブルースとラグタイムブルースの弾き語りをこよなく愛しております。普段は地元岸和田や大阪市内のライブハウスで、「変な歌を 変な声で歌う 変なオッサン」というフレコミで地味に活動しております。
15:00 BION LADY BLUES
 毎月一度、堺東ピッコロ•ドゥエで幅広いジャンルでライブをしています。vo.BIONは堺ブルースフェスティバルでは司会も務めさせて頂く予定です。ブルース好きな方々と音楽を通して楽しみたいと思っています。
16:00 熹与詩天七 with
ブルース及びブルース系ジャズを日本語でカバーして歌う。2017年は高槻ジャズストリート、堺ブルースフェスティバル、帝塚山音楽祭、倉敷ジャズストリートに出演した。今回ブルースハープの藤田康平と共に参加する。
17:00 the ユーサン
埼玉県、群馬県を拠点に、活動するリゾネーターギター演奏家。the ユーサンは、黒人達の悲哀ややるせ無さを、明るく笑い飛ばすことに共感し、ブルースを始め、英語が上手くならなかった事からブルースを日本語にして歌う。

4/29 sun. バール ピッコロ ドゥエ

12:00 ジョニー山本
アコースティック・ギターでのデルタブルースとラグタイムブルースの弾き語りをこよなく愛しております。普段は地元岸和田や大阪市内のライブハウスで、「変な歌を 変な声で歌う 変なオッサン」というフレコミで地味に活動しております。
12:40 Yellow Blues Kenny
ロバートジョンソンからマディウォーターズまで。GW頭の楽しい気持ちで演奏したいと思います。
13:20 初代隆正宗
英語のコピーブルースの方が大半だと思いますが自分は日本語による自作ブルースの弾き語りをアピールしたいです!マーチンビンテージギターとリゾネイターギターの2本使いでライブ活動しております!
14:00 Now’s The Time Concert Club Band
65歳ブルース大好き爺さんの2人。
14:40 Lonesome Dog
ロッキンブルース
15:20 Dano Forte
東京、神奈川にてサーフショップを経営しております。私の取引先(アメリカ人のサーフボードを作る人)にブルース(スワンプと呼ばれる一人演奏のスタイル)をプロとして活動しているものがおります。彼の作るサーフボードは大変人気があるのですが、ぜひ地元堺ということで参加させていただければと願っております。
16:00 無節操兄弟
憂歌団をこよなくリスペクトし、もっとも大阪らしいバンドを目指し各地のライブハウス等で活動を続けています。2017 MIKROCK 参加。堺市のブルースを発展、盛り上げる為に頑張ります。
16:40 サザン・トレイン
1982年のバンド結成から35年あまり、マンドリンやドブロギターというブルースでは珍しい楽器を使ったストリング・バンドのスタイルで、トラッドなブルースからR&Bそして時にはロック・チューンまで…をコンセプトにマイペースで活動を続けています。

4/28 sat. 西口酒店

12:00 サザン・トレイン
1982年のバンド結成から35年あまり、マンドリンやドブロギターというブルースでは珍しい楽器を使ったストリング・バンドのスタイルで、トラッドなブルースからR&Bそして時にはロック・チューンまで…をコンセプトにマイペースで活動を続けています。
13:00 Lonesome Dog
ロッキンブルース
14:00 おっくん
孤高のアラフォーブルースの”おっくん”です!近畿各地のライブイベントや音楽フェスなどに出没しては、洋邦のブルースの名曲やオリジナルの楽曲を披露しております!この堺ブルースフェスティバルは今回で3度目の出演となりますが、日頃の憂さや鬱憤をブルースの軽快なメロディーに乗せて思う存分ブチ撒けて帰りたいと思いますので、どうかお手柔らかによろしくお願いいたします!!
15:00 佐々木 巌
 ブルース弾語り
16:00 ハウリン YOU娘
大阪を拠点にブルースピアニスト、シンガー、キーボーディスト、音楽療法士として活動中です。関西ブルース界の元祖・名物セッション「ハウリンバー第一金曜日ブルースセッション」のホストを18年間務めています。
17:00 HOBO 貫名
 黒人が生んだブルース・ミュージックのとりこになり、スチールボディのギターを抱え、和歌山を拠点にライブを重ねる。「HOBO’S BAR(ホーボーズ・バー)」の店主。和歌山市汐見町3丁目の寺町通り沿いにある店は、CDやポスターでびっしり埋まる独特の雰囲気。スピーカーからは黒人奴隷の労働歌にルーツを持つ「ブルース」が流れる。

4/29 sun. 西口酒店

12:00 無節操兄弟
憂歌団をこよなくリスペクトし、もっとも大阪らしいバンドを目指し各地のライブハウス等で活動を続けています。2017 MIKROCK 参加。堺市のブルースを発展、盛り上げる為に頑張ります。
12:40 Dano Forte
私は堺および東京、神奈川にてサーフショップを経営しております。私の取引先(アメリカ人のサーフボードを作る人)にブルース(スワンプと呼ばれる一人演奏のスタイル)をプロとして活動しているものがおります。彼の作るサーフボードは大変人気があるのですが、ぜひ地元堺ということで参加させていたきます。
13:20 Fuu – 風
Black American Blues player.
14:00 夏子 & 健吾
京都南部出身の夏子(Vo)と大阪南部出身の健吾(G)がBluesでJazzyな癒しの音を♪
14:40 安吉勇輔
12年振りにコンビ復活し、境ブルース2016でスタートしました。今年もよろしくお願いします。
15:20 ミノアヤドン
シンプルでいて個性的をモットーに、主に和歌山市内にて活動中の三人組です。
16:00 キング原田
ドブロギターを弾く。まだ30代のブルース好きで、和歌山王将店長やめて独立名前、キング原田。
16:40 HOBO 貫名
 黒人が生んだブルース・ミュージックのとりこになり、スチールボディのギターを抱え、和歌山を拠点にライブを重ねる。「HOBO’S BAR(ホーボーズ・バー)」の店主。和歌山市汐見町3丁目の寺町通り沿いにある店は、CDやポスターでびっしり埋まる独特の雰囲気。スピーカーからは黒人奴隷の労働歌にルーツを持つ「ブルース」が流れる。