ホームページ

2021年5月2日(日)~3日(月・祝)、堺ブルースフェスティバル開催決定

2020年の開催は新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受けやむなく中止となりましたが、改めて2021年度の開催を決定しました。

新型コロナウィルス感染症対策ガイドラインに沿った開催を行います

フェスティバル開催期間のコロナ対策としては、国及び大阪府の感染症予防ガイドラインをベースに堺市と連携をしながら慎重に対策を検討して参ります。
ご参加のミュージシャンの皆様、ご観覧来場の皆様には『コロナ感染症対策ガイドライン』の準備を進めております。ご協力をお願いいたします。

なお、感染状況により延期または中止をせざるを得ないこともあるかと考えられますが、ご理解のほどよろしくお願い致します。

堺ブルースフェスティバル開催のコンセプト

音楽の起源であるブルースを通じて、堺市地域の商業・産業の活性化を目的とし、経済効果につなげる事を目指しています。
また堺市や近辺において多数活動している音楽才能のあるアーティストの発表の場を提供するとともに、様々な企画により、市内外からの多数の来場者を集めます。音楽文化を有効利用した地域活性化と、堺市の理念である”豊かな歴史と文化を有する「未来へ飛躍する自由・自治都市」”を目的に開催します。

オリジナルTシャツ制作中

新着情報 2021年度のポスター

2020年12月3日:2021年度のポスターデザインが完成しました。

開催概要

日程:2021年5月2日(日)~ 5月3日(月・祝)
時間:5月2日(日)09:30〜19:00、5月3日(月・祝)09:30〜19:00
会場:Minaさかい(堺市役所前)、堺東Goith、デリシャスダイニング サカイ、西口酒店、ピッコロ・ドゥエ、トラットリア・エビス、BAR F&M
入場料:
Minaさかい(堺市役所前)、屋外無料、会場内飲食ブース有り、雨天決行。堺東駅前周辺協力店舗会場は1ドリンクオーダー要、店内禁煙。※演奏者への投銭やチップはお断りしております

ゲスト・ミュージシャン

木村 充揮 出演日時調整中

1954年生まれ 大阪在住
1975年日本が誇るブルースバンド「憂歌団」のリードボーカルとしてデビュー以来『天使のダミ声』と称される独特の歌声でカリスマ的な人気を保ってきた。数多くのアーティスト達からのリスペクトを集める日本音楽界の真のレジェンドの一人。現在も年間 100 本以上のライブを全国で展開し、その円熟味を重ねた名人芸で未だ多くの聴き手の心を鷲掴みにする。
2019年4月24日ソロ・キャリアの中で初めてライブ音源を収録した2枚組アルバムをリリースした。

大西 ユカリ 出演日時調整中

1964年大阪富田林市生まれ、大阪在住。
1998年「Joy」(Jaye’s mass choir名義)でCDデビュー。
2000年から2009年まではバンド「大西ユカリと新世界」名義で活動し、9枚のオリジナルアルバムをリリースし、昨今の昭和歌謡ブームの火付け役として君臨。
2009年以降ソロシンガーとしてソウルフルな歌声と圧巻のパフォーマンスで、老若男女から支持を得る。
2018年レコードデビュー20周年を迎える。
現在ラジオ大阪「GO!GO!フライデーショー!」のメインパーソナリティーとして毎週金曜日に出演中。

大上 留利子 出演日時調整中

日本のロック&ソウルの歴史は彼女なしでは語れない。Japanese Lady Soul の草分け。70年代半ば強烈な個性でミュージックシーンに登場。関西をベースに音楽活動を展開、それが西から来た ”タイフーンレディ” と言わせしめた故であり、その歌のスケールの大きさは大上留利子の名を全国の音楽ファンに轟かせた。
歌の表現力は天性のものであり、誰も真似が出来ない独特の節回し、そして彼女のシャウトと力強い歌声はソウルそのものであり、聞く人々の心の隅々まで染み渡り、今もなお根強い沢山のファンに支持されている。
大上留利子 & ジェニファー with Shirayuries and ひだまり Band
Kitty 吉べえ、片山ミキ、Angie チョチョ、荒木千枝子、石丸まる子、(以上Vo)
ひだまり Band
北川道太郎(Gt)、前田邦衛(Ba)、三夜陽一郎(Dr)、スガタアヤコ(Key,Pf)

ゲストミュージシャン、追加交渉中

更に、ゲストミュージシャンのお願いをしています、決まり次第ホームページに紹介をさせて頂きます。