ホームページ

2018年の堺ブルースフェスティバルの開催に向けて新たにスタートを切りました。皆様のご協力のもとにイベントを成功させるべく活動をいたします。

音楽の起源であるブルースを通じて、堺市地域の商業・産業の活性化を目的とし、経済効果につなげる事を目指しています。

また堺市や近辺において多数活動している音楽才能のあるアーティストの発表の場を提供するとともに、様々な企画により、市内外からの多数の来場者を集めます。

音楽文化を有効利用した地域活性化と、堺市の理念である”豊かな歴史と文化を有する「未来へ飛躍する自由・自治都市」”を目的に開催します。

開催概要

日程:2018年4月28日(土)4月29日(日)
時間:4月28日(土)10:30〜18:00、4月29日(日)11:00〜19:00
会場:Minaさかい”堺市市民交流広場”、ホテル・アゴーラ リージェンシー堺、F&M、西口酒店、ピッコロ ドゥエ、トラットリア エビス
入場料:
Minaさかい”堺市市民交流広場”(屋外無料、会場内飲食ブース有り) 雨天決行ホテル・アゴーラ リージェンシー堺(屋内無料、会場内飲食ブース有り)。
F&M(店内ドリンク等のオーダー要)、西口酒店(店内ドリンク等のオーダー要)、ピッコロ ドゥエ(店内ドリンク等のオーダー要)、トラットリア エビス(店内ドリンク等のオーダー要)

ゲストバンド紹介

Shun Kikuta & Blues Company

Shun Kikuta (Vo, Gt)、Marty Bracey (Vo, Dr)、
Rie Lee Kanehira (Vo, Keys)、片野篤(B)

Shun Kikuta & Blues Companyは、青森で行われた”Japan Blues Festival 2015”で生まれた。メインアクトのジミー・バーンズとキャサリン・デイビスのサポートバンドとして集まったのが結成のきっかけだった。20年以上のシカゴ在住を経てアジアでの活動にも力を入れているブルースギタリスト菊田俊介を中心に、モンタ&ブラザーズや大橋純子らメジャー・アーチストとの活動で長年シーンをリードしてきたドラムのマーティ・ブレイシー、シカゴでのライブやレコーディングを経て日本でも注目を集めるピアニストのLee、ニューヨークでの活動経験があり自己のミュージックスクールも運営するベーシストの片野篤。同フェスティバルに出演後、この4人の息が合いバンドにしようと声が上がる。マーティが菊田を“社長“と呼び、それに答える形で菊田がマーティを”平社員“と呼んだことから、Blues Companyとバンド名が決まる。

結成以来、個々に忙しいスジュールの合間を縫って、定期ライブを行い、前出のジミー・バーンズとキャサリン・デイビス以外にも、チャーリー・ラヴ、ネリー“タイガー”トラヴィス、マイク・ウィーラー、ローリー、Konishiki、金尾よしろうなどバラエティに飛んだアーチストとのコラボも行っている。2018年にはニューアルバムの発売も予定している。

吾妻光良トリオ+1

吾妻 光良(あづま みつよし)(Gt. Vo.)
牧  裕 (まき ゆたか)(W.Ba.)
岡地 曙裕(おかち あきひろ)(Dr.)
早崎 詩生(はやさき しお)(Pf.)

BLUES PARADISE SPECIAL BAND

Blues Paradise

永井 ホトケ隆(ながい ほとけたかし)(Vo. Gt.)
森 俊樹(もり としき)(Gt.)
松本 照夫(まつもと てるお)(Dr.)
大西 真 (おおにし まこと)(Ba.)

紗貴 Special Band

Saki Special Band

紗貴(Vo.)
西口 善之(にしぐち よしゆき)(Gt.)
新井 正美(あらい まさみ)(Key.)
南角 光児(なんかく こうじ)(Ba.)
浅川ジュン(あさかわ じゅん)(Dr.)
村地 博(むらち ひろし)(Sax.)

ボーカル紗貴は17歳の時、桑名正博氏に見染められ、氏のサポートボ-カリストとしてプロデビュー。 桑名正博&Flower Power、小島良喜、ムッシュかまやつ&ティグリガンズ(正規メンバーとして2015堺ブルースフェスティバルにゲスト出演)、高山厳、ばんばひろふみ等、数多くのトップアーティストと共演、圧倒的歌唱力にブルースフィールがブレンドされた彼女の唄に、アジアン特有のソウルテイストを感じる。正しくライブが命!堺出身の実力派シンガー。今回、傍を固める錚々たるメンバーも素晴らしい。